マンスリーマンションってどういうものなの?

一般の賃貸物件との違い

インターネットの賃貸情報や雑誌などで、マンスリーマンションというものを目にしたことがありませんか?マンスリーマンションというのは、月単位で契約ができるマンションのことを言います。一般の賃貸物件というのは、賃貸契約を結ぶ時に、契約期間がだいたい2年というのが一般的なのですが、マンスリーマンションでは一か月ごとに契約をむすんだりすることが可能な賃貸物件であり、何らかの特別な事情を抱えた人が好んで暮らすマンションのことなのです。

マンスリーマンションの良いところ

マンスリーマンションの良いところと言っては、何と言っても初期費用がかからないと言うところでしょう。一般の賃貸物件では、入居をするときに敷金とか礼金、仲介手数料や鍵交換代など、とかく初期費用と呼ばれる費用がかさんでしまうものです。このほかにも家具を購入するお金や引っ越し費用なども計上しなければならず、そうなると入居するだけで多くの出費がかかってしまいますね。マンスリーマンションでは敷金や礼金もかからず、何より家具付きであることがほとんどなので、家具を揃えるお金や引っ越し費用もいらず、その身一つで暮らし始めることができるのです。

どういう人がマンスリーマンションに住むのか

それでは、どういう人がこのマンスリーマンションに住むのでしょうか。マンスリーマンションは基本的に長く住むということには適していないので、短期的に住むところが必要な人に選ばれる傾向にあります。たとえば、短期の単身赴任で住むところが必要な人、あるいは長期出張で短い期間の住居が必要な人などが、マンスリーマンションに暮らしていたりします。また、家の建て替えやリフォームなどで一時的に家を空けなければならないという場合もあったりしますよ。

月や年などの単位で、契約期間を選択することができるマンションやアパートを「マンスリーマンション」といいます

システムエンジニアからの転職!選べるエンジニアの道3選

システム開発に携わり続けるエンジニアの道

システムエンジニアとして働く際にはある時点で転職を考えなければならなくなります。システム開発の開発の最前線で働き続けるのは体力的にも精神力的にも負担が大きく、若手のエネルギーに圧倒されてしまうときがやってくるからです。しかし、システム開発に一生携わっていきたいと考える人も多いのが事実です。そういった際にはより上位職にあたるプロジェクトリーダーの求人にあたって転職することでシステム開発に関わっていくことができます。

開発業界の勢いに圧倒されたならインフラエンジニア

開発業界で働くのは躍動感に満ちており、業界の進展のスピードに振るい落とされないように常に高い志を持って働き続けなければなりません。その勢いに圧倒されてしまってもっと落ち着いた仕事をしたいと思ったらインフラエンジニアの道を選ぶのが得策です。システムを安定させるのが仕事となるため仕事の重要性が高く、求人募集も多いものの、開発業界とは違って落ち着いた空気が現場に流れています。晩年まで働くことができるのもインフラエンジニアのメリットです。

別の形で開発を続けたいならWebエンジニア

システム開発を行ってきて開発に興味があるものの、大本のシステムよりはよりアプリケーションに近いところで働きたいという人もいるでしょう。そういった人にとって活躍の場となるのがトレンドのWeb業界です。WebエンジニアとしてWebサイトの製作やアプリケーションの製作を担っていくことはまさにWebを利用するユーザーとの接点の部分で働く仕事になります。トレンドであることから求人も多く、エンジニアの働く道として王道の一つとなっています。

施工管理の求人は転職サイトでは比較的に多くあり、学歴不問で実務が未経験でも応募がしやすいです。そのため、転職時の応募先には向いています。