保育士として働く…そして色んな子どもと出会える

共働きだから、子供を預けている?

このご時世、共働きの家庭は増えていっています。それは経済環境上は仕方がないですし、家計も一人の収入だけで生きていけるほど甘くないと感じるでしょう。奥さんの方が家計の実権を握っていたら、やはり共働きはやむを得ないと時間しやすいですよね。子育ても一段落したら子供を保育園に預けながら、仕事に出ないといけないので大変でしょう。保育士にとっても子供の数を見ていると、とてもではないですが、人数は足りていないと感じますよね。特に神奈川のような大都市ならば痛感していますよ。

保育士も大変、保護者対応も含めて

保育士も、ただで働くには大変な職種だと理解しています。子供達の面倒はしっかりと見ないといけない、怪我など不測の事態にもしっかりと対応しないと、子供の親から何を言われるか分からないからです。保育園の数もまだまだですが、同時に保育士の数も全く足りてないのです。子供を沢山預けていますが、大人数の面倒を一緒に見なくてはならないので、精神的余裕も時間的な余裕もなくてストレスを抱えるでしょう。神奈川のような大都市だったら、もっと保育園を作らないと親の働き環境も良くならないですよ。

皆困っているから、どうしたらいいのか!?

保育士の数は圧倒的に少ない、このままではいけないのは誰もが共通して想っている事でしょう。東京、神奈川のような大都市は働く人口も多いですし、暮らしている人口も多いですよね。働く環境は多いものの、それに適した待遇を改善までに追いつかない状態が長年続いていますよ。保育士も立派な職種ですが、経済環境から子供を保育園に預ける家庭も増えています。今よりも保育士がが欲しいですし、保育園の数も増やしていくこそが皆が円満に事を運べると理解していいでしょう。

神奈川県には横浜市や川崎市といった大都市があり、人口数も非常に多いです。そのため、保育士の求人なら神奈川県が求人が多く見つけやすいです。