保育士免許を取得するには短大に!行っている支援と取り組み!

短大で行っている取り組み!

短大では、保育士免許を取得するために様々な取り組みを行っていることがあります。保育士免許は、国家試験に合格することによって取得することができるのですが、短大では、卒業するだけで保育士免許を取得することができます。これには条件があり、保育実習と幼稚園実習をしなければなりません。実習では、実際に業務を体験することができるために保育士として働く上でのモチベーション向上にもつながるために、行って損はありませんよ。

短大が行っている支援!

短大では、勉強に集中しやすい様に様々な支援を行っていることがあります。まずは、奨学金制度です。これは、地元から離れてきた学生を対象に行っている制度であり、アルバイトだけでは生活が賄えない時に利用することができます。そして、短大独自の支援は、実習中の交通費や実習費等の負担です。実習先では、給食費などを請求されることがあるのですが、短大では全額ではありませんが、負担してくれます。実習に行くb学生にとっては、便利な支援ですね。

取得できる免許は保育士以外も!

短大では、保育士の免許も取得することができるのですが、他の免許も取得することができます。まずは、幼稚園教諭免許です。これは、卒業と同時に保育士免許と一緒に取得することができるものであり、指定の実習を終わらせることによって卒業と同時に取得することができますよ。他には、介護福祉士の免許取得です。これは、卒業してもらうことはできませんが、資格対策の講義を受けることができます。独学よりも十分な知識を身につけることができるために、便利ですよ。

保育園の求人に一番大切なことは、子供を一人の人間として大切にできる人を見つけることです。その上で、保育士としての経験や知識が必要になります。