マンスリーマンションってどういうものなの?

一般の賃貸物件との違い

インターネットの賃貸情報や雑誌などで、マンスリーマンションというものを目にしたことがありませんか?マンスリーマンションというのは、月単位で契約ができるマンションのことを言います。一般の賃貸物件というのは、賃貸契約を結ぶ時に、契約期間がだいたい2年というのが一般的なのですが、マンスリーマンションでは一か月ごとに契約をむすんだりすることが可能な賃貸物件であり、何らかの特別な事情を抱えた人が好んで暮らすマンションのことなのです。

マンスリーマンションの良いところ

マンスリーマンションの良いところと言っては、何と言っても初期費用がかからないと言うところでしょう。一般の賃貸物件では、入居をするときに敷金とか礼金、仲介手数料や鍵交換代など、とかく初期費用と呼ばれる費用がかさんでしまうものです。このほかにも家具を購入するお金や引っ越し費用なども計上しなければならず、そうなると入居するだけで多くの出費がかかってしまいますね。マンスリーマンションでは敷金や礼金もかからず、何より家具付きであることがほとんどなので、家具を揃えるお金や引っ越し費用もいらず、その身一つで暮らし始めることができるのです。

どういう人がマンスリーマンションに住むのか

それでは、どういう人がこのマンスリーマンションに住むのでしょうか。マンスリーマンションは基本的に長く住むということには適していないので、短期的に住むところが必要な人に選ばれる傾向にあります。たとえば、短期の単身赴任で住むところが必要な人、あるいは長期出張で短い期間の住居が必要な人などが、マンスリーマンションに暮らしていたりします。また、家の建て替えやリフォームなどで一時的に家を空けなければならないという場合もあったりしますよ。

月や年などの単位で、契約期間を選択することができるマンションやアパートを「マンスリーマンション」といいます