お金が欲しい!夜勤のアルバイトってどうなの?

深夜勤務の時給って?

深夜の勤務には深夜手当がつきます。もちろん、アルバイトでも手当はもらえるんですよ。深夜勤務中は、通常時給の2割5分以上の手当てを付ける事が労働基準法で定められています。なので、同じ労働時間でも昼間に働くより、お給料は多くなります。深夜手当がもらえる時間帯は、通常22:00~5:00ですね。多くの人が睡眠をとっている時間ですね。もちろんそんな時間帯に働くということは身体的な負担もかかってしまいますが…。

深夜勤務のデメリットって?

深夜のアルバイトは、生活リズムを整えるのが難しいです。日中、学校や家事、仕事をしている方が急に深夜に働き始めるのは大変です。日の昇っている時間にしっかり睡眠をとらなければいけないので、慣れるまでは身体的負担を伴います。夜更かしに慣れていなくて『明け方仕事に集中できず怒られてしまった!』なんてこともありがちな失敗ですね。周りの友人とスケジュールが合わずに『飲み会の誘い、断らないと…』なんてこともしばしば…また、昼間に比べると強盗などのトラブルにあうリスクも高くなりますね。体力付け・生活環境を整える・お金を稼ぐことへの強い意志が必要になります。

どんなところで働けばいいの?

誰にでもできる深夜のアルバイト、といえば王道はコンビニですね。最近は、ファミレス、スーパー、ネットカフェなど24hのお店も増えてきています。他にもホテルや工場等、様々な職場で深夜アルバイト募集がかかっていると思います。場所や時給をチェックするのは当然ですが、『自分に合った仕事』をするのが一番です。掃除が得意なら、掃除メインの職場。接客が好きなら接客メインの職場。ネットや紙面でたくさん求人を見たけどどんなところで働けばいいかわからない!という方、一度電話で詳しい仕事内容を聞くのも良いですよ。

バイトをするときには、人気の高いものがコンビニになります。コンビニのバイトをするときには年齢が低くても高くても出来るのが魅力です。

これならできる!初心者におすすめなバイトとは?

もう悩まなくていい!初アルバイトの仕事内容

バイトを初めてするという人は、どのような仕事があるのか不安に思うことがありますよね。それ以外にも、人間関係や労働面など気にすることは山ほどあります。しかし、初心者もすぐにそのような仕事に慣れてしまうほど、単純な作業が主な仕事というバイトが、実はたくさんあるのです。今回はそのような、バイトを初めてする人でもすぐにできてしまう仕事内容のバイトを、いくつか紹介したいと思います。仕事内容の悩みはこの記事を読めば、解消されますよ。

初心者でも大丈夫!本屋でのアルバイト

まず、初めてのアルバイトでもすぐにできてしまう仕事内容のバイトは、本屋でのバイトです。本屋での主な仕事は、レジ打ちと本を梱包して袋に入れてお客様に渡すことです。また、本の陳列も行います。このような作業は、たしかにはじめは戸惑うかもしれませんが、繰り返し同じ作業を行うため、すぐに慣れてしまいます。慣れればあとはスキルを高めるだけなので、初心者でもやりこなせる仕事内容なのですよ。女性はレジ打ちが基本であり、男性は陳列を任されることが多いので、女性の場合はより仕事をこなしやすいかもしれません。

原付免許を持っているならオススメ!ピザのデリバリー

次に初心者にオススメなバイトは、ピザのデリバリーです。配達業務だけなら、バイクに乗ってピザを届けるのみの作業になるため、そこまで難しいとは思わないでしょう。しかし大前提として、原付の免許を持っていないと駄目ですよ。免許を持っている人には、初バイトにオススメです。接客も注文したお客様の家に行ってピザを渡すだけなので、そこまで大変ではありません。むしろ、届けた時に見せるお客様の笑顔を見ると、達成感ややりがいを感じることができるでしょう。

販売の求人情報を探すには、就職情報誌や就職情報サイトのほか、商業施設に掲示してある求人情報をチェックする方法もあります。

サービス向上にも役立つ介護記録!正確に伝えるために気を付けたいことは!?

伝わらない文章にしない

介護記録は情報の共有を目的とした文章で、ほかのスタッフが読んだときに、その内容が正確に伝わらなくては意味がありません。情報をわかりやすく、モレなく伝えるためには、やはり5W1Hを整理して書き洩らさないことが大事でしょう。また、数や量、時間や程度を記入するときにはすごく、かなり、時々など、あいまいな表現ではなくできる限り具体的に数値を用いることで、トラブルを防ぎ、よりよいサービスへとつながっていきます。

誤字や脱字には気を付けよう

介護記録に誤字や脱字が多いと、誤った情報として伝わってしまい、トラブルの原因となる恐れがあります。また、正確で読みやすい介護記録は、それを読む利用者の家族の不安の解消にもつながるでしょう。記録を書き終えたら、読み直しを忘れずにおこない、改ざん防止のために記録はボールペンや万年筆等で記入しましょう。誤字や脱字を訂正するなら、訂正する文字の上に二重線を引き、修正液などをは使わないようにします。システム管理の場合は、誰がアクセスや更新を行ったのか表示されるシステムであれば不正な改ざん防止につながるでしょう。

言葉は正しく使っていこう

自分独自の略語はスタッフ間の情報伝達を不正確にする恐れがありますし、専門用語などは利用者やその家族からすると理解できないこともあるでしょう。そのため、略語や専門用語は効率的に必要な最低限度にし、施設内で共通してマニュアルを作成して明文化しておきましょう。敬語は使ったほうがいいこともありますが、会話内容をのせたいときには、カギカッコにして、そのまま引用したほうが伝わりやすいです。そのほか、スタッフ間の連絡事項や観察内容はである調でも構いません。大事なことは形式的に敬語を使うのではなく、利用者を敬う気持ちから出た表現を使いましょう。

介護に就職する前に考えてほしいのは、夜勤があるということです。不規則な勤務は慣れるまで時間がかかります。休める時はしっかり休息をとるようにしましょう。夜勤は手当てがつくので貯金したいなら良いです。